« 春を探しに・・・ | トップページ | お母さんの仕事って? »

至福の時

私が楽しみにしている時間。

それは、子どもが寝静まってから、温泉の素を入れて入るお風呂と、「細切れ時間」の読書。ブランド品を買いあさる、とか、グルメな高級レストランでのお食事、とかに比べたら、何と質素なことか。ここにも、私の節約ぶりが見え隠れする?!我慢してるわけじゃなくて、もともとこういう性格なんだけどね。

1月から姫2号を連れて行き始めたクラスがあって、最初のうちは、ママやパパ、おじいちゃんおばあちゃんも一緒に踊ったり、歌ったり、工作をしたり、だったのだが、先生や一緒のお友達にも慣れてきたのか、私がいなくてもちゃんと楽しく一時間半のクラスを乗り切れるようになってきた。先生いわく、「9月からのプリスクールの練習だと思って、思い切って一人で置いていってもいいわよ!」

え~っっ!そんな、私の心の準備が・・・と思ったのも初回だけで、ここ数回は、張り切ってマイマグカップにスナックと読みかけの本持参で、出かけて、クラスが始まるとすぐに、「じゃ、お母さんは図書館にいるからねぇ。ばいば~い!」と部屋をいそいそと出てくる。

「細切れ」じゃなくて、一時間半たっぷりと、思いっきり読書が出来るなんて、夢のよう!

Img_0697 この写真は、つい最近改装が終わったばかり(4月2日の1時から、改装記念イベントがあるらしい)の、市のメイン図書館の2階。肘掛け椅子、テーブル、そして暖炉なんかもあって、くつろぎまくり。一階には、子どもの本コーナーやお話の部屋なんかがあるので、ちょっとうるさいけど、ここは別世界。Silent Study Roomという部屋なんかもあったりして、旦那が週末に勉強する時、愛用している。Chineseの移民の人達が人口の40%を占めるせいもあって、一階の3分の1くらいに中国語の本が置いてある。それに対して、日本語は、この2階にある棚2箇所ぶんだけ、というのが寂しいけれど、それだけでも、私にとっては嬉しくて仕方がない。毎週、吟味しては、いろいろ借りてしまう。こないだなんか、「初めてのお茶のたて方」と言うイラストつきのとても面白い裏千家の茶道の教本があって、つい手にとってしまった。今度、日本に行ったときに是非買ってくるつもり。

Img_0698 で、これが、今週の私の本。一冊は「Prince Caspian(Chronicles of Narnia #4)」で、もう一冊は「親がキレない子育て」。ナルニアは、今日本でも映画が公開されていてきっと大人気だと思うけど、原書を姫1号が学校で読み始め、私も彼女との話題作りに、と挑戦中。他にも、私が日本で育った子ども時代に読んだ本と、こちらで子供達が読む代表的な本が違うので、私自身も、カナダの子どもとはどんなことを勉強しているのか、姫1号と一緒になって学習中。新しいことが多くて、大変だけど結構面白い。学校のいろんな行事にも積極的に参加したり、見学に出かけたりしているつもり。子どもは、自分の親が学校に来るのが嬉しいらしいから、一挙両得かな。学校の宿題とか、いつまで見てあげられるのか、最近ちょっと不安になるけど(笑)。子どもの本なので、とっかかりやすいけれど、娘の読む早さには全然追いつけなくて、ちょっと情けない。(涙)でも、このナルニア、ハリーポッターもはまったけれど、それ以上にはまってる。私は、こういう子供向けの本で、シリーズ物に弱いらしい。あ!ハリポタは、今度日本に帰ったら、第6巻の訳本を買わなくちゃ!原書は読んだけど、細かいところは辞書とか引かないまま、想像の世界で読んでるからね。いよいよ次は最終巻、どうなるか楽しみだなぁ。いつ発売なんだろう?

せっかくの自由な時間でも、やっぱり手に取る本が育児関係なのが、悲しい母親の性。少しでも楽しく育児をするためには、情報収集は必要なのだ!

なるほど、と頷いたり、そんなこと出来ないよ、と頭の中で反論したりしながら、読み進めてる。理論ではわかっちゃいるけど、なかなか実際に愚図りまくる2歳児を目の前にして、たまった洗濯物や洗い物の山を目の前にして、ぼさぼさの頭、化粧っ気のない自分の姿を目の前にしたら、やっぱりイライラがたまり、キレそうになる。でも、この本を読み始めてから、少し心に余裕が出来たような気がする。いつまでこれが続くやら???

|
|

« 春を探しに・・・ | トップページ | お母さんの仕事って? »

「カナダ情報」カテゴリの記事

コメント

ママって なかなか ゆっくりお風呂に入ること できないですよね。私も 毎日 M姫と一緒に入浴なので のんびりというわけにはいきません。最近 M姫は おしりまである長い髪を 自分で洗う練習中なので 余計に時間がかかり大変です。
それでも 週に1度くらいは Yくんがお休みの日に M姫と一緒に入ってもらい 私1人で ゆっくり入ります。今 自宅で『ゲルマニウム温浴』ができるという ゲルマニウム鉱石や そのほか 色々効能のある鉱石が入った袋を湯船に入れて入浴しています。湯冷めしにくいとか 体内の老廃物が 汗と一緒に出てくるとか 購入したときの箱には 書いてあったのですが イマイチ 実感できず・・・?! なんとなく入っています。(私はすぐのぼせてしまい あまり 長く湯船に浸かっていることができないので 実感することがないまま あがってしまうのかもしれません・・・)

投稿: みんみん | 2006年3月29日 (水) 04時00分

分かります。至福の時。子供が寝静まってからの時間。私の娘は夜泣きがまだ続いていて何度も何度も起きるのでまだゆったりと自分の時間がとれませんが、細切れでも見てしまうDVD!!寝不足覚悟で読んでしまう本。でも自分なりのストレス発散方法です。(旦那に小言をいうのもストレス発散(^^))
育児情報の収集かあ~そうでうよね~私はどちらかというと面倒くさがりなのでもっぱら周りのママたちにいろいろと教えて貰ってます。最近、いつ頃からしつけをしたらいいのか悩んでます。駄目なことは駄目っと叱ってでも教えなきゃいけないかなあ~なんて。ひかりんさんはどうやって乗り越えて来られましたか??

投稿: ゆか | 2006年3月29日 (水) 05時13分

こんばんわ~”みんみん”から教えてもらい遊びにきました~あっ、申し遅れました、私は昨年浦安でお世話になった千葉の宮○です、あ○のだんなです。またちょこちょこ覗かせていただきます。気が向いたらうちのブログも覗いてみてください。では、また。http://geocities.yahoo.co.jp/gl/peace101_531

投稿: 家来 | 2006年3月29日 (水) 05時21分

*みんみんちゃん*

確かにM姫の髪は長いよね~。あれを自分で洗うとなると・・・大変そう。でも天使の輪が出来る真っ直ぐでさらさらの長い髪、うちの姫1号の憧れです。最近、どうして自分の髪はカールするのか、いくら髪をとかしてもすぐにもつれる、と不満げです。何かいいトリートメント剤とかあったら、教えてほしいわぁ。

「ゲルマニウム温浴」気になるなぁ。でもこっちのあさ~いバスタブじゃぁ、半身浴がやっと出来るくらいだから、あんまり効果は期待できないかな。肩までゆ~っくり浸かれる日本のお風呂が恋しいよ。

*ゆかちゃん*

朝までゆっくりとまとめて8時間、いやせめて5時間でも寝せて欲しい、というのが赤ちゃんのいるお母さんの「夢」かもしれないね。今、姫2号が2歳過ぎてから、やっとこさ何とか夜9時半くらいから朝6時前くらいまで一気に寝るようになりました。時々、悪い夢でも見てるのか、夜中に泣くこともあるけど、一人で指をしゃぶりながら寝付いたり、ちょっとお腹をぽんぽんってしてやったら大丈夫だったりするかな。数時間ごとに起こされるのに比べたら、随分の進歩。でもね、おかしいのは、だからって私が一緒に長く寝てるんじゃないんだよね。今のうちにって、結局遅くまで何かやってて、寝不足は変わらないもん。

周りのママさん達との育児情報の交換は、とってもありがたいよね。理論、よりも実体験に基づいているから分かりやすいし。ゆかちゃんは、たくさんのママさん仲間に囲まれて、一緒に育児をやっていけてるみたいで、良かった。とてもありがたいことだと思うよ。最近、孤独な子育てに行き詰まっているママさん達、増えているみたいだからね。

しつけをいつから?って言う話だけど、ちょうど今読んでいる本に載っていたのは、本格的な「しつけ」というのは3,4歳以降に始めていいって。それまでは、とにかく見守ってあげて、無条件に愛しなさいって。でもさ、よく「三つ子の魂百まで」とかっていうじゃない。そうすると、3歳までにちゃんといろんなことをしとかないと、ってどうしても思うんだよね。いろんな考え方があって、特に日本のやり方と北米でのやり方が違ったりすることも多いので、混乱してしまいます。両方のいい部分をうまくブレンドした「ひかりん式」育児を目指して、日々努力するのみです。(笑)

*家来さん*

うわ~、嬉しいです。ブログの先輩なんですね。いろいろ教えてください。何だか親戚縁者一同が、ブログでつながるっていうのも今の時代ならではですね。早速そちらのブログにも遊びに行きマ~ス!つい、Kちゃん、なんて実名表記しないように、気をつけなくっちゃ。

投稿: ひかりん | 2006年3月30日 (木) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69859/1206692

この記事へのトラックバック一覧です: 至福の時:

« 春を探しに・・・ | トップページ | お母さんの仕事って? »