« 甘えん坊リーナ | トップページ | タイムスリップ♪ »

子どもの安全

相変わらず、日本のニュースをチェックするたびに、子どもが犠牲者となっている悲しいニュースが聞こえてくる。安全な国、日本はどこへ??と思ってしまう。

あと、イジむかつくのが、パチンコに夢中になって、車に置き去りにした乳幼児を死なせる親達と、虐待する親達。声を大にして言います。言わせてもらいます。標準語だと、怒りの度合いが抑えられてしまうので、あえて、長崎弁で。

あんたたち、なんば考えとっとね!ばっかじゃなかと!!??子どもは生まれてくる親は、選べんとばい。かわいそうに、何のためにこの世の中に生まれてきたか、分からんたいね。子どもの欲しゅうしてたまらん人たちだっておるとに。申し訳なかって思わんと!?

はぁ~。
失礼しました。

日本を出て、カナダ・アメリカに住むことになったとき、皆から、大丈夫?外国、怖くない?って言われたけど、今じゃ、日本も安心して子どもを育てられなくなってきているみたいだ。

もちろん、こちらでも子どもの誘拐とか、銃や麻薬の問題だとか、起きているのは事実。普段からいろんな方面で、子ども達にも、親達にもそういう問題について教育するためのチャンスがたくさんある。

Kidproof 今日の午後は、姫1号のStranger Safetyというクラスに申し込んでいたので、行ってきた。前から気になっていたけれど、他の予定とぶつかってしまって、なかなか参加できずにいたので、今回やっと。文字通り、知らない人に対して、どう対応するか、について学ぶクラス。

他にも、ベビーシッタークラス、12歳以上になって、一人で家に留守番するときのためのクラス、迷子になったらどうするか、などなど、いろんなケースに応じて、子どもが安全でいるための方法を学べるもの。

いつまでも親が子どもと24時間一緒にいることは出来ないから、自分で危険を察知してそれに対応できるようにならないといけないし、そうなるように親も準備させてやらないといけないと思う。

日頃から、知らない人にはついていかないように、とか、火の用心とか、電話での返事の仕方とか、教えているつもりだけれど、やはり、専門家ではないので、何か忘れているような気がして、心配だった。

そんなときに、学校でもらってきたチラシに載っていたクラスだ。子ども向けだから、机に座ってメモを取って、というのではなくて、実際にAct out(劇に参加)しながら、体で覚えるという内容。

不審な人物が、どうやって子供達に近づいてくるか、その手口を具体的に、そしてそういう場面に出くわした時に、どうしたらいいか、しっかり身につけて帰ってきたようだ。

あまり怖がらせるのもどうかとは思うけど、このご時世、そうは言っていられなくなってきた。近所で子供達だけで、いつまでも遊んでいたり、おつかいに行ったり、のん気に過ごせていた自分の子ども時代が懐かしいな。


|
|

« 甘えん坊リーナ | トップページ | タイムスリップ♪ »

「カナダ情報」カテゴリの記事

コメント

ひかりんさんこんばんは。
今日のニュースでも2ヶ月の乳児が
パチンコ店の駐車場に置き去りにされて、
亡くなってしまったといってました。
ほんと イジむかつく!

何も心配することなく遊びまわっていた
子供の頃が懐かしいですね。
いまや車でお迎えや集団下校があたりまえ。
付属小の校門には警備員が常駐してますよ。

投稿: みゃ~ | 2006年5月29日 (月) 06時22分

私が小さい頃も時々変質者とかいたけれど
みんなで暗くなるまで飛び回って遊んでたな~。
それがすっごい楽しくて、今でもいい思い出です。

今は保護者の管理も色々と言われるし、
子供だけ外で安心して遊ばせておく事も出来ないし、
そう考えるとあんまりいい時代ではないなぁ・・・
とふと思ってしまいます。

そんな中でひかりんさんとお子さんが参加されたクラスは今後もっと重要になってきますね。

投稿: Richie | 2006年5月29日 (月) 08時56分

★みゃ~さん★
え~!付小の校門に、警備員の人がおると?なんか、緊張しそう、通るときに。やさしいおじちゃんやろか?今度、帰った時に、見てみよう。

★Richieさん★
確かに、自分達の子どものころも、変質者っていましたねぇ。私も、変な人が下校時にあとをついてきてて、大声をあげてかばんを振り回して撃退したことがありました。かなり怖かった。

こちらではBlock Watchというプログラムがありますよね。そういうの、日本でもあるのかな。近所一帯が協力して、町の安全を守ります、みたいなの。やっぱり、子どもは親だけじゃなくて、周りの大人たち皆で育てていかないと、昔のように。

投稿: ひかりん | 2006年5月31日 (水) 14時17分

ほんと 私たちが子供の頃にくらべて 危ない世の中に鳴りました・・・。M姫も 登下校は 集団下校で、子供が下校する時間帯には 地域の年配の方などが パトロールに回ってくれています。大きな交差点のところには 毎朝 父兄が交代で旗を持って立っています。すぐそばに見えるお友達のお家にも 防犯ベルをもって 遊びに行き、お外で遊ぶときには 大人が付き添って・・・。なんだか かわいそうですね。
姫1号ちゃんの参加したクラスは すごくよさそうですね。M姫の学校でも 不審者に対する対応は 先生からお話があるようですが・・・。お話だけよりも 一緒に参加すると子供の記憶に残り 困ったときに 役に立ちそうです。

投稿: みんみん | 2006年5月31日 (水) 22時39分

★みんみんちゃん★
最近の日本は、どうなってるんだろうね。悲しくなります。姫1号の参加したクラス、不審者に対する対応だったけど、ここ数ヶ月で伝わってくるニュースでは、犯人が同じ学校の保護者だったり、近所の良く知っている人だったりして、こうなったら「知らない人に注意」というだけでは足りなくなってしまって、誰を信じていいかわからなくなってきたね。子どもが人(大人)を信じられる世の中に戻って欲しいです。

投稿: ひかりん | 2006年6月 6日 (火) 17時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69859/1982834

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの安全:

« 甘えん坊リーナ | トップページ | タイムスリップ♪ »