« 幸せの3条件 | トップページ | もう赤ちゃんじゃない »

ビミョ~な違い

英語の表現、ほんのちょっとの違いで相手の心が読める。

結婚して11年半にもなると、うちの旦那、私が何をどう聞いたら、私の気分を害するか、やっと分かったらしい。(お互い様って話しもあるが・・・)

仕事から帰ってきて、しばらくしてから、私に言う。

"Did you happen to do the laundry today? I don't think I have any dress socks for tomorrow."

日本語にすると。

「今日さ、もしかして、洗濯したりした?明日履く靴下がなさそうなんだけど。」

何年か前なら、同じ内容のことを、こう言ってた。

"Did you do the laundry today? I have no socks to wear tomorrow."

「今日、洗濯した?明日の靴下ないんだけど。」

最初の、洗濯をしたかどうか聞くところで、「happen to~」を付ける事で、「もしかして」とか「万が一」っていう意味合いが加わって、旦那が「もし洗濯する時間がなかったんなら、しょうがないけど、も~し~か~し~て、時間があって、洗濯してくれたかなーって思ってみたりしたんだけど・・・」っていう、控えめな気持ちが表れてる。

いや、控えめっていうか、私を恐れてるのか!?

後者の言い方だと、直接的というか、「え?まさか、洗濯してないってことないよね、主婦だから当たり前でしょ」みたいな皮肉な響きがして、私が何度もそれに対して、怒ったり泣いたりしたことがあったから。

だってね、一日中、子ども達のことで学校でボランティアしてたり、買い物やら習い事の送り迎えやらして、出ずっぱりで、ほとんど家にいなくて、たまたま洗濯が出来なかった時、やっと一日終わって疲れてぼーっとしてるとこに、こんなこと言われたら、「一日私が何にもしてなかったみたいに、言わないでよ~!!(怒)」って、叫びたくならない?

そういう私の反応を、やっと10年経って理解したようです。
家のこととかで何か頼むときには、かなり控えめに、「もし、時間があったらで良いから(if you have a chance/timeとかをくっ付ける)」という頼み方をするようになった。

こんなこと書くと、私はぐうたら主婦なんだという印象を与えてしまうね。
ププッ(笑)。

人には得意、不得意ってもんがあるからさ。

いいんだよ、出来ることを一生懸命がんばれば。
~「僕の歩く道」テルの母の言葉より~

|
|

« 幸せの3条件 | トップページ | もう赤ちゃんじゃない »

「カナダ情報」カテゴリの記事

コメント

洗濯不得手なんて意外だ~~~♪。おもしろーーーい

(-◇-)英語が苦手な私は細かいニュアンスなどわかるはずもなく。ある意味通じないというのも幸せなのかと思った。最近ドラマの24を字幕無しで見るのにチャレンジしたりしてるけど、時々、こいつ何いってんだ? でも、字幕付けるとなんか全然違うこと言ってて、 あー皮肉の言い方が日本と違うな~とか思ったりして。 特にクロエちゃんですよ(笑)

 その happen to をネイティブ気味に瞬時に理解するところがもう異次元なのだけれどという話はおいといて、洗濯って、洗濯機につっこんで洗うところまではどーってことないけど、干すのがめんどくさいんだよね~~~

 まぁ、毎日の水くみが仕事なんて国じゃなかっただけ感謝だよねー

投稿: とりとん♪ | 2007年2月 2日 (金) 14時59分

★とりとん♪さん★
洗濯が不得意、というより、単に嫌いなんです。
いや、洗濯だけじゃなくて、家事一般が(恥)。

なんかね、毎日毎日同じことの繰り返しで、お皿はいくら洗っても、また汚すし、洋服もしかり、部屋を片付けても、他の部屋を綺麗にしているうちに、子供達が数分後にはまた散らかしてしまうし。自分にかなり高いモチベーションがないと、やってられなくなることが多いです。

学生時代は、勉強を頑張ったら、試験でいい点が取れて、そしたら自分も満足、先生も家族も喜ぶ、そしていい高校や大学に入れて、とか。社会に出て仕事をしたら、自分のした仕事が評価されて、昇進したりボーナスが出たり。

頑張った分だけ、見返りがあるというのかな、それが目に見えるでしょ。一般的な家事って、どうしてもそれが見えない。進んでは元に戻り、の繰り返し。あ~あって思ってしまうんですよ。

確かに、今の家事は、洗濯にしろ、料理にしろ、掃除にしろ、電化製品とかに頼っているから、昔の主婦に比べると随分ラクになってるはずなのに、文句タラタラの私。がばいばあちゃんに笑わるっばいね。

英語の映画やドラマを、字幕なしで見て、ネイティブの人と同じところで笑えるようになると、本物ですね。ジョークのパターンも違うので、なかなか難しいです。私は、吹き替え版は、俳優さんのイメージが変わってしまうから、観るならいつも字幕版です。

投稿: ひかりん⇒とりとん♪さんへ | 2007年2月 5日 (月) 13時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69859/5186698

この記事へのトラックバック一覧です: ビミョ~な違い:

« 幸せの3条件 | トップページ | もう赤ちゃんじゃない »