« 「抜き」記事 | トップページ | 真夜中の電話 »

くり・・・かなぁ?

どんどん木の葉も色づいて、一気に秋から冬の景色のバンクーバーです。
そんな季節を楽しみながら、リーナのお散歩をしてたら、発見しました!


Img_4832
くり!!!




と思って、そこらじゅうに落ちていたのを拾って持って帰ってきたけど、なんか違うような。
写真を拡大してもらうとわかるけど、日本で見たことのある栗の「いが」とはちょっと違うんだよなー。

食べられるのかな。

今日のご飯は、栗ご飯だ!って張り切って帰ってきたけど、まだテーブルの上に飾ってある。
天津甘栗とかモンブランとか、いろいろイメージしながらも、食べる勇気がありません。

誰か、これが何か分かる人いる?

|
|

« 「抜き」記事 | トップページ | 真夜中の電話 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

とちのみだよ。
つるつるぴかぴか。
友人は、栗のように煮て食べてびっくりしてた。

日本では、うーんとあく抜きして団子にして食べるところもあるみたいね。

投稿: kltmama | 2007年10月12日 (金) 00時13分

ひかりんさん、こんばんは。
私も親戚からくりが送られて来たんですよ・・・と
思ったら、これは「栃の実」ですね。「マロニエ」とも言います。
昔は普通の家庭でも食べていたそうですが、
とてもアクが強くて、あく抜きに半月以上かかるそうなので、
今では一般家庭で食べることは少ないみたいです。

投稿: みゃ~ | 2007年10月12日 (金) 01時54分

まだまだ知らないことがいっぱいあるんだな、と実感した出来事でした。学校の教科書でテストのために勉強しただけでは、分からないことがたくさん。自然の中を走り回ることが大切だということですね。

★kltmamaさん★
情報、ありがとう。さすが!よく森を歩く家族だね(笑)。遊園地に入場料を払って乗り物に乗る楽しみとは違った楽しみが自然の中にはいっぱい。今度、どっかお薦めの森に連れて行ってね!秋は、驚きがいっぱいなんじゃないかな。

★みゃ~さん★
マロニエ?
って、滑り台の??
っていうのは、長崎人にしか分からない地元ネタですね(爆)。

あはは。そうなんですね、トチノミ。初めてお目にかかりました。まったくぬか喜びさせられました。私の頭の中には、浜ん町アーケードの天津甘栗と西銀のモンブランが浮かんでいたのに(笑)。

アク抜きがそんなに大変なんて!自家製デザートはあきらめま~す。あっさりと。

投稿: ひかりん⇒kltmamaさん、みゃ~さんへ | 2007年10月12日 (金) 08時01分

ひかりんさんこんにちは~☆
義理の母は、コレを日頃からチェスナッツと呼び、この時期大量に収穫してはアイランドにある別荘に置きスパイダー除けにしています。何でもクモの嫌いな成分があるとかないとか・・・確かにこの実の周りによくクモが死んでますが効果のほどは???です。
ちなみに、青森の縄文人は食べていた(灰汁抜きして)そうです。

投稿: あんぱん | 2007年10月13日 (土) 13時38分

★あんぱんさん★
トチノミで蜘蛛よけですか。なるほど~。主婦の知恵、ありがとうございます。試してみようかな。玄関先に蜘蛛の巣がいっぱいで。ハロウィーン用に飾りつけにいいかなって思ってたけど(笑)。

結構いろんなサイトで勉強してみたら、英語ではHorse Chestnut(馬栗)と呼ぶようですね。

投稿: ひかりん⇒あんぱんさんへ | 2007年10月15日 (月) 17時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69859/8352277

この記事へのトラックバック一覧です: くり・・・かなぁ?:

« 「抜き」記事 | トップページ | 真夜中の電話 »