« てきぱき | トップページ | 炊飯器deチーズケーキ »

姫2号の英語力

9月から現地の幼稚園に入るにあたって、英語以外を家で使っている子は、ESLのレベルテストを受けなくちゃいけなかったんだけどね。先月、それを市のスクールボード(教育委員会にあたるのかな?)に行って、面接みたいなことをしてきたら、レベル1だと言われて。

そがんはずなかろうが!!(=そんなはずないでしょう!)って、反論しようかと思ったけど、よく状況を考えてみると、そうなるのは当たり前なわけ。

だってさ、面接はほんの10分足らず。しかも、そこで初めて会う知らないおばちゃん(先生)。で、姫1人っきり(私は付き添わない)。

数回、姫に会ったことがある人にでも、なかなかすぐには打ち解けてはしゃべらんとよ。そがん状況で、べらべらしゃべる(しかも英語!)わけなかたいね、ね~。

ま、レベル1のカテゴリーに入れられたから、特別クラスっていうことではない(市の教育の予算編成とかにESLの生徒数が関係してくるっていう話です)けど、やっぱり納得いかないので、今まで定期的にみてもらっていたスピーチセラピストの人に相談してみた。

やっぱり、彼女も私の話を聞いて「あっはっは~!」って笑ってました。「姫ちゃんが、その状況で言葉を発するなんて、ありえないわよ~!私ですら、何ヶ月もかかったのにー。」って。

ということで、スピーチの専門家の立場から本格的なアセスメントをしてあげる、ということになり、この日行ってきました。(前置きが長かったな:笑)

P3202459a_2

姫1号も、春休みなので同席。

いろんな絵を見ながら、質問に対して指差したり、例文を真似して他の絵について自分で文章を作ったり。

例えば。

犬、鳥、りんご、滑り台

の絵を見せて「この中で、飛べるものはどれ?」とか

木と子どもの絵(女の子が木の下に立っている・男の子が木に登ろうとしている)があって

「She is standing under the tree.」と先生が言うのに続けて、もう一つの絵について自分でお話する(He is climbing the tree.)とか。

ワンちゃんが1匹いる絵と猫が2匹いる絵が並んでいて

「Here is one dog.」って先生が言ったら

「Here are two cats.」って言うとか。

前回、同じようなテストを受けたときに比べたら、HeとSheの使い分けとかも出来るようになったし、複数形とかing形を使いこなしていたり、かなり上達した姫2号の英語。

これまでの姫の言葉の発達過程を知っているセラピストが、どういうレポートを作ってくれるのか、興味深い。それを持って、9月の入園前に、担任の先生に状況を説明しに行かなくっちゃ。

姫の名誉のために、もう一度。

絶対、レベル1じゃないと思う。

|
|

« てきぱき | トップページ | 炊飯器deチーズケーキ »

「姫語録」カテゴリの記事

コメント

そうですよね~。
子供にとって 初めての人、周りの環境などは 影響 大きいですから なかなか いつもの実力 発揮できなかったりしますよね~。
でも 大きくなるにつれて その初めての環境、初めての人たちの前で 試験を受けたり 発表をしたり 演奏したり・・・そういう機会も増えていきますね。
ひかりんさんや姫1号ちゃん、だんな様、幼稚園の先生やセラピストの先生、周りの 姫2号ちゃんのことをよく知る さまざまな方に見守られて 少しずつ 実力を発揮できるようになりますよね。

投稿: みんみん | 2008年3月25日 (火) 17時30分

★みんみんちゃん★
M姫ちゃんは、コンテストとかでどんどん舞台度胸がついてるみたいだね。親のほうが緊張してたりして。

子ども達がいろんな場面でいろんな評価を受けるようになってくるけれど、そういうときに、親の自分が一番彼女達のことを良く分かってあげていたいし、一番のサポーターでありたいと思います。

投稿: ひかりん⇒みんみんちゃんへ | 2008年3月31日 (月) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69859/11711518

この記事へのトラックバック一覧です: 姫2号の英語力:

« てきぱき | トップページ | 炊飯器deチーズケーキ »