« スピードアップ | トップページ | ノッてきました »

算数・数学

去年からリッチモンドの小学校で、算数のカリキュラムが大幅に変わった。暗記やドリル、計算中心ではなく、「考え方を学ぶ」方針になったという。

このことについては、去年から学校のお便りとかで聞いてはいたんだけど、今日、ローカル紙を読んでいて、改めてその内容を知って驚いているところ。今年度は小学生(7年生まで)、来年度は8年生、その次に9年生、と順に導入していくそうだ。

この「考え方を学ぶ算数・数学教育」、どんな感じかというと・・・。

極端に言うと、日本だと2年生で必修の九九の表。あれ、覚えなくていいそうです。1の段、2の段、5の段、10の段は必要だけど、あとはそれさえ知っていたら、答えを導き出せるって。

1年生から計算機を使って問題を解くそうです。

いいのかな~、そんなんで。ただでさえ、こっちの人は計算が苦手だっていう印象が強いんだけど。(おつりの計算とかが遅い)

日本で百マス計算が流行ってる(流行ってた?過去形かな、もう。)のとは、まったく逆の方向に進んでるみたい。

考え方がわかっても、答えがちゃんと計算できなきゃ、意味ないんじゃないかと私は思ってしまうんだけどなぁ。計算機だって、いつも持ち歩いてるわけじゃないし、電池が切れたらどうすんの?ちなみに私は、いまだにレストランでチップの計算とかするときに、頭の中でソロバンをはじいてます。

やっぱり、私の育児・教育方針は、カナダのいいとこ+日本のいいとこ取りで行こうと思います。カナダのやり方で「考え方を学んで」、日本のやり方で「バンバン計算ができる」。これが理想的。欲張りかなぁ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ にほんブログ村 子育てブログへ

|
|

« スピードアップ | トップページ | ノッてきました »

「カナダ情報」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。国が違うといろいろな文化に出会えますよね。
私はオーストラリアのパースか日本か、気が向いたときにどちらかに住んでいます。
9月からは日本に住んでいます。
カナダって自然いっぱいでいいですよね。オーストラリアだと乾燥肌で大変です。

ところで、手前味噌ですが、カナダの北西部ユーコン準州にある Watson Lake 空港のおもちゃを作ってみました。ロッキー山脈の中にある、小さな小さな町です。空港の建物や小物をはじめ、湖まで全部手作りです。たかだかパソコンのおもちゃにしては、結構上手にできました。よろしかったらビデオをご覧ください。じじーとばばーで2人で作っています。作るのに、いっぱいいろんな計算しています。日本式ですけど。

自然あふれる森と湖をアコースティックサウンドにのせて再現したつもりです。なんか、のほほーんとできる仕上がりになっています。

http://jp.youtube.com/watch?v=g8-jmhnGg4w&fmt=18

お体に気をつけてがんばってくださいね。。

投稿: くろねこ」 | 2009年1月23日 (金) 03時14分

★くろねこ」さん★
ブログ訪問&コメントありがとうございました。

早速、ご紹介くださった動画を拝見させていただきました。
コンピューターの画像で、あそこまで綺麗に風景などを再現できるなんて、最近の技術はすごいですね。音楽もぴったりで、ゆったりとくつろげる感じでした。たくさん計算をしたんですね(笑)。やっぱり、計算はちゃんとできないといけませんよね。

Yukon州は、いつかオーロラを見に行って見たい場所のひとつです。主人が生まれたところでもあるので。オーロラを見ながら、温泉に入れるところもあると聞いたことがあり、温泉大好きな私には魅力がありすぎますspa

オーストラリアと日本で半分ずつ。いいとこ取りですね(笑)。オーストラリアもカナダも、同じ英語圏だけれど、アメリカとはちょっと違いますね。まだオーストラリアには行ったことがないので、いつか遊びに行きたいと思っています。サーフボードに乗ってやってくるサンタさんに会いたいです(笑)。

投稿: ひかりん⇒くろねこ」さんへ | 2009年1月23日 (金) 09時51分

それはヤバイ!

ウチはいずれ日本に戻るので、1年生から計算機なんて…。

公文やらせようかな、ウチの近所の。

投稿: いけぽん | 2009年1月23日 (金) 22時56分

★いけぽんさん★
かなりヤバイですよ~!

うちの姫1号は、こんだけ家でもがんばってやって、やっと4年生くらいで九九が完璧になったので、姫2号はこのままだと学校だけに任せておいたら、とんでもないことになりそうで怖くなりました。

さっきも、うちの姫たちのソロバンの先生とこの話題でかなり盛り上がってたとこです。どうして、「論理的思考」か「計算力」か、のどっちかに偏らなきゃいけないんだ?って。どっちも子どもたちはちゃんとこなせるよって。私達は、ちゃんとこなしてきたよねって。

なんか、こっちの先生方は、〇文をやってる子どもたちをちょっと目の敵にしているようなところがある感じだと聞いたこともあります。先生自身が、必死に計算しているところに、さっさと問題を解き終わって、退屈そうにしているアジア系の生徒達。彼らが文章題でつまずくと、「ほら、計算が出来ても、ちゃんと考え方が分かってないからですよ」と誇らしげにウンチクを述べ始める。

アジア系の移民の子たちが、文章題が苦手なのは、考え方どうこうじゃなくて、やっぱり英語力の問題、ESLの問題もあるはずなのに、それを全部「計算力ばかり高いアジア人」みたいに、ひとまとめに解釈してしまう。

すべてのカナダの先生方がみんなそうとはもちろん言わないですけど。

いけぽんさんも理系の頭の持ち主ですもんね。計算、できなかったら今のお仕事、できないですよね。九九の計算に何秒も費やしてたら、お話になりませんから!

投稿: ひかりん⇒いけぽんさんへ | 2009年1月23日 (金) 23時37分

うんうんうん・・・とうなずきながら読ませていただきました。
そうですよねぇ。
G1から電卓ですか?

うーーーんbearing
ありえないimpact
息子くんG3ですが、確かに計算はG4の子よりも速いそうです。
応用問題は少し苦手。
それは英語力の問題であると私も思っていました。

まぁ、うちの場合、日本語(国語)も応用問題が苦手(というか、面倒くさがる)なんだけどねcoldsweats02

やはり、日本&カナダ・・・。
いいとこ取り教育が一番ですねup

投稿: みぃ | 2009年1月24日 (土) 20時10分

★みぃさん★
みぃさんとこのご子息は、見た目も理知的ですもんんね。漢字とか計算もしっかり出来て、将来が期待できますね!あんまり、出来すぎて学校で退屈してしまうのも考えものですが・・・・。

算数でもやはり文章の読解力が必要になると思うので、本を読むこと、単語を知っていることは大事だと改めて感じます。

姫1号は、ここまで来たらあとは自分の努力で伸びてもらわないといけないステージなんじゃないかと思うようになりました。今まで、ビシバシ叩き込んできたので(笑)、あとは本人次第かと。

姫2号です、問題は。まだまだこれから。
読み書きも、算数も。ホームスクーリングhousepencilをしようとは思わないけど、家庭学習は私担当に自然となってしまっているので、これからまだまだ、がんばらんば!dashです。

教えていると、ついつい、昔の塾講師の癖がでてしまいます(笑)。放っておけないというか、「テストには、こんな風にして問題が出るから」とか「こういう引っ掛け問題とかあるけど、あんたは大丈夫ね?」と、日本のお受験体制みたいになってきて。あ、違った、ここはカナダだった、ってなりますよcoldsweats01

投稿: ひかりん⇒みぃさんへ | 2009年1月24日 (土) 20時59分

はじめまして。
日本育ちでない場合、「ににんがし...」と教えても言葉と数字が一致しなくて上手くいかないということも聞きますが、姫さまは英語で覚えられたのでしょうか? また、フランス語で数字を扱うのはおぞましいことと聞きますが。
私は趣味で九九の練習をするプログラムを作っていまして、以下のURLで公開しています。
http://www.geocities.jp/kuku_drill/ (日本語版)
http://ww51.tiki.ne.jp/~fsaito1819gn/ (英語版)
よかったら使ってみてください。

投稿: f_saito | 2009年6月17日 (水) 09時54分

★f_saitoさん★
初めまして。
ブログ訪問&コメント、ありがとうございました。

そして、役立つサイトの紹介も。

確かに、フランス語の数字の仕組みは複雑だと聞きました。二桁の数字を言うためには、足し算をしなきゃいけないらしいです。

上の子は、英語で考えているみたいです。
一応、九九の歌とかも使ってみたんですけど、最終的には英語になってしまいました。どちらでも早く計算できればいいのですけど。

今のところ、算数は得意なようなので、この力が低下しないように頑張ってもらいたいです。

投稿: ひかりん⇒f_saitoさんへ | 2009年6月19日 (金) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69859/27399177

この記事へのトラックバック一覧です: 算数・数学:

« スピードアップ | トップページ | ノッてきました »