« 授業参観 | トップページ | 金星 »

「ありがとう」の会

Picture_2297 姫たちの学校で「Parent Appreciation Tea」という会があった。

そのまま日本語に直すとなんか堅苦しいけど。

「保護者に感謝するお茶会」??

子どもたちのバンド演奏とか歌、ピアノ演奏を聞きながらの茶話会ってところかな。

Picture_2302a 姫1号はドラマーとして登場♪

Picture_2303a 出番じゃないときには、サーバーとしても大活躍。前日に吟味した(笑)白いブラウスと黒のパンツが似合ってたよ。7年生の女の子とか、今すぐにでも、その辺のカフェcafeで働けそうな雰囲気をかもし出してる大人っぽい子がいて、びっくりした。

姫2号は、出し物はしなかったけど、会場のデコレーションを手伝ったらしい。「お花を塗って、はさみで切って、のりで貼って、ティーパーティーがあるとよ」と、昨日の晩、教えてくれた。ただ、そのティーパーティーに誰のためのものかまでは把握しておらず(笑)。

ついつい子どもたちの歌で、ほろっと涙してしまった。

「いつもお弁当ありがとう」

「いつも送り迎えありがとう」

そうだ、そうだ~!!

分かってるなら、よろしい(笑)。

校長先生は、いつも何かにつけて保護者の協力に感謝するコメントを、きちんと言葉にしてくれる。

「うちの先生たちが学校でベストを尽くせるのは、保護者の皆さんが、子どもたちのしつけを家でしっかりしてくれて、学校に元気で毎日送り出してくれるからです」って。

「何か問題があって、子どもに注意したとしても、皆それを素直に受け入れてくれる。これは、皆さんの家での努力の賜物以外の何物でもありません」って。

日本では、モンスターペアレントとか言う新語があるとか?

家で親がやるべきことまで、学校や先生のせいにして文句を言って先生を困らせるなんて、言語道断poutannoy

ここは、学校、保護者、子どもたち、コミュニティーが協力しあって、とてもいい関係を築けているな~、と改めて感じた朝でした。ここを選んでよかった。

|
|

« 授業参観 | トップページ | 金星 »

「姫語録」カテゴリの記事

コメント

我が家の娘達の小学校は、ごくごく普通の公立の小学校。
だけど、付属小学校のような役割も果たしている小学校。
そんなせいか、先生達もみんな信頼できる方ばかりだし保護者の方も協力的。
すごーくいい関係が築けている小学校だと思う。
私の周りのお母さん達もしっかりと育児・育自されているような方ばかりで、私なんか教えられることが多くて「ホントこの校区でヨカッタァhappy02」と思う毎日ですが、やはり周囲の校区では、様々。

PTA活動に置いて保護者が非協力的だったり、ちょっとしたことでクレームがあったり、大変な学校があるらしいんだよねsad

我が家は訳あっって引っ越しを検討しているんだけど(あと数年後)、引っ越し先の校区の保護者がどんな感じかな・・・って気になるよ。

親になって「何でも他人のせいにしない」ということの大切さを知りました。
他人のせいにすることは簡単だし、自分も一瞬だけ楽になれるんだけど「天知る、地知る、子知る、我知る」だからこそ、何か悪いことしたときはキッチリと自分で受け止めなきゃいけないんだよね。

そんな思っているけれど、我が子のしつけは果たしてうまくいっているのか?
自問自答を繰り返す子育ての日々だね。

うーん、子育てって楽しいけど難しいねー

投稿: ひらい | 2009年3月 1日 (日) 21時14分

★ひらいさん★
もちろんね、日本の学校も日本の保護者の皆さんも、熱心でいいところがあるのは分かってるんだけど、どうしてもニュースとかで伝わってくるイメージとして、「学級崩壊」みたいなのが最近強くってさ。

先生と親とがうまくいっていないと、子どもたちも先生を信頼してついていかないのかもしれないよね。いろんな事情で学校になかなか顔を出せない人たちも入るとは思うけど、できる範囲でみんなが協力して子どもたちのためにいい環境を作っていくのが理想的。

引越し予定があるんだね。
何かと心配ごとも増えてしまうけど、新しいところでもステキな仲間を見つけて、楽しくやっていけるといいね。

ひらいさんとこの姫たちは、想像するにきっとママのほんわかした雰囲気を受け継いだステキなお嬢さんに育っていると思うよ。いつか親子で会ってみたいよ。

いいとこも悪いとこもひっくるめて我が子。全部を受け止めて、愛情を注いでいきたいものです。

投稿: ひかりん⇒ひらいさんへ | 2009年3月 2日 (月) 02時22分

うん、わかる
私も子どもを入学させるまでは、どこの小学校にもモンスターペアレンツがいると思っていたもん。
だから、PTAとか保護者会で色んな保護者の方とお会いして拍子抜けしたよ。
えっ、こんなに環境が良くていいの?って(笑)

幼稚園の時に園長先生が仰ったことで、心に残っているのが「お母さん達が不満に思っても、子どもたちには先生に対する悪口は絶対に聞かせないでください。先生に対する信頼関係が築けなくなります。ひいては良好な園生活も送れなくなります。」という言葉。
心に留めています。
ヤッパリ、信頼関係って大切だね。


そうそう、いつか「ひかりん親子」とお会いしたいな。
帰省の際は一声かけてくだされば馳せ参じますよhappy02


投稿: ひらい | 2009年3月 2日 (月) 16時06分

★ひらいさん★
先生に対する悪口、旦那の悪口、子どもの前で言っちゃいけないなー、と思いつつ、ついつい後者の方は、姫1号と2人で一緒になって(笑!)言ってしまう今日この頃です。

父の立場、威厳を守ってあげるように、私が努力しなきゃいけないのにね。だめな妻・・・(汗)。

夏に帰るよairplane
チケットもう予約しちゃった~。
6月末から8月下旬まで、たっぷり2ヶ月の滞在ですー!!

投稿: ひかりん⇒ひらいさんへ | 2009年3月 3日 (火) 07時16分

そうそう、夫に対しては私も容赦ないよ・・・
最近は、もとむんちと一緒で娘1号と「おとうさんってさぁー」と、話題が共有できるようになりました。
って、あんまり良いことじゃないなぁ(笑)

良くないことは分かってる、分かってるんだけど、この口が言わずにはいられないのよ。

我が家って、女の子が三人に私に夫。
女の中に男が独りだから、あんまり居心地は良くないと思うのよね。
だから、お父さんのことフォローしてあげなきゃいけないなっては思ってるけど・・・・・
これが簡単そうで難しい。
私も駄目駄目な妻の道を驀進中

そっかー、帰省予定はバッチリなんだね。
うちの子どもたちが「もうすぐ春休み春休み」と浮かれているから、気分はまだまだ春だったけど、もとむの言葉にすっかり夏休みが待ち遠しくなっちゃった。

では、お会いできる日を夢見て、詳しいことはメールの方で送らせていただきまーす


投稿: ひらい | 2009年3月 3日 (火) 17時51分

★ひらいさん★
あはっは~、うちと同じだねー。
うちは、子どもは女の子2人だけど、ワンコも女の子だから、3人姉妹で女性ホルモンわんさかです(笑)。

多数決を取る前から、旦那は結果が見えてるから、あきらめてるよ。

私達がきゃーきゃージャニーズ番組を観ている間、1人スポーツの試合を観てたりすると、気の毒な感じもするけど、やっぱり興味の対象が違うとやけんしょうがなかもんね。

日本はもうすぐ一学年終了の時期やね。
卒業式、入園・入学式、引越し、いろいろ楽しみだったり不安だったり。こっちは、春休みが1週間くらいあって、南国に旅行に行ったりする友達も結構いるけど、私達は夏の日本行きを楽しみに、家で特に大きなイベントもなく、ゆっくりするよ。

また近くなったら、ミニ同窓会の予定とか相談しようね~~~♪

投稿: ひかりん⇒ひらいさんへ | 2009年3月 4日 (水) 03時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69859/28430602

この記事へのトラックバック一覧です: 「ありがとう」の会:

« 授業参観 | トップページ | 金星 »