« 流行の最先端 | トップページ | 「A」の意味 »

日系誌の表紙

以前、姫2号がローカルの日系誌の新年号でデデン!と登場しましたが、

Picture_1666 今回は姫1号がドォ~ンと表紙に掲載です。

カナダで引き継がれる日本の太鼓の伝統、という感じの内容で、特集されました。

中にもグループ写真とか載っていて、ちょっと分かりにくいけど姫2号も写ってるし。記事の文章内には、私達のコメントも使われていて、またまたひかりん親子の保存版が増えてしまいました。

さっそく5冊bookほど頂いてきました。

親戚縁者の皆さん、有無を言わせず送りつけるmailtoので英語力Upしといてください(笑)。

バンクーバー近郊にお住まいの皆さん、ぜひぜひ手に取ってご覧下さい。日本語学校とか日本食レストラン、日本食材店などに置いてあると思います。

取材依頼されて、コメントをメールで返したのですが、編集長さんが「記事にまとめやすいコメントをありがとう」って喜んでくれました。そりゃ、そうでしょう。そちらの気持ちが分かってるからね(笑)。

※5月27日のMikuパティオ勝利の女神、Upしました。

|
|

« 流行の最先端 | トップページ | 「A」の意味 »

「姫語録」カテゴリの記事

コメント

表紙の姫、とてもカッコいいですね(≧▽≦)

和太鼓の力強さが伝わってきます。

投稿: かなえ | 2009年6月 1日 (月) 03時22分

★かなえちゃん★
この構図、いいよねー。
ビシッと!
天を指して。

ほそ~くて、なが~い手足の3人。

この3人はね、とってもおとなしいんだよ、太鼓叩いてないとき。

夏、一緒に日本に行くのが楽しみなんです。

投稿: ひかりん⇒かなえちゃんへ | 2009年6月 1日 (月) 06時28分

凄い!
雑誌の表紙を飾るなんて、ひかりん家も一躍有名人だね。
太鼓のツアーで日本に行くの?
それはとても楽しみだね。
一生懸命打ち込めるものが(姫ちゃんの場合はいくつも)あるっていいよね。

投稿: noritama | 2009年6月 2日 (火) 17時27分

★notiramaさん★
へへへ。
実はね、この雑誌の編集長さんが、太鼓グループ関係者なんだ~。

姫1号は、今日学校で順番に回ってくるスピーチがあるんだけど、そこでもこのコンサートのことを宣伝してくるって張り切ってた。自分が表紙に載ってる雑誌も友だちとか先生に見せるって言って、持って行ったよ。

メンバーの中で日本語がちゃんと理解できてしゃべれるのは、姫とあと一人くらいしかいないから、日本滞在中は通訳としても活躍することでしょう。長崎弁ですが・・・(笑)。

今年の日本滞在は、いつもにも増していい経験ができそうです。

投稿: ひかりん⇒noritamaさんへ | 2009年6月 3日 (水) 13時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69859/29887820

この記事へのトラックバック一覧です: 日系誌の表紙:

« 流行の最先端 | トップページ | 「A」の意味 »