« シャララ~♪(その2) | トップページ | サイエンス・ジャム »

20才の私へ

アンジェラ・アキさんの歌みたいなタイトルですけども。

これ、姫1号の日本語学校で出た作文の宿題です。日本の中学1年生だったら、もうちょっとレベルが高い文章を書くんじゃないかな、と思ったりもしますが。ま、カナダに住んでるんだから、こんだけ日本語を書いて、読めて、しゃべれたら満足すべきなのかもね。

でも、犬を「買う」、じゃなくて犬を「飼う」だしcatface。欲を言えば、えい画の「映」とか「○しゅう年」の「周」、「じょゆう」の「女」くらい漢字で書いてほしいなー。

漢字・・・・・相変わらずレベルが3年生くらいがやっとです。

本人が興味を持って、やらないもんなー。いやいや丸覚えしても身に付かないやweep


(以下、姫1号の文章です)

「20才の私へ」

 今は、私、○○小学校の七年生。○○先生のクラスです。大学の先生はどんな人?大学はどこの学校?私は今、日本語学校、そろばん、バレーとちび太鼓をしてます。二十才の時はまだちび太鼓とかをしてるかな?

 今、私の夢はえい画に出るどうぶつのトレーナーになることです。私はリーナと言う犬を買っていてどうぶつが犬好きで自分もじょゆうさんになりたいからこの仕事がいいなあと思います。今、好きなことと二十才で好きな事はちがうかな?


 今年日本語学校は五十しゅう年をするよ。バンクーバーのオリンピックがあってパラリンピックのオープニングセレモニー、カーリングとゴールドメダルスレッジホッケーを見に行きました。7人の日本スピードスケートチームの選手が日本語学校に来てくれました。すごい楽しかったな~。


 まぁ、これを二十才の時に読むから、またあとでね!

 

|
|

« シャララ~♪(その2) | トップページ | サイエンス・ジャム »

「姫語録」カテゴリの記事

コメント

いいねえ…、20才の自分にって。

嵐の10年後ってやってたけど、10年たっても37才…?
まだ、若いしねって松潤が。

10年たっても私の年に追いつかず、しかもこっちは10年後
還暦…?アラ還だわ。(悲)ひぃ~ん。

リーナって、うちの子供の名前です。
英語の名前辞書から取ったんだけど、Lightって言う意味があったそうな。
どんなわんこか紹介しておくれ~。

投稿: かえる | 2010年4月23日 (金) 14時31分

こどもの夢は 無限大。好きです、こんな 作文。かわいらしいし 微笑ましいですよ。(笑)

うちの 息子は 宇宙飛行士などと 分不相応なのこと言ってますが 言うのはタダですからね(爆)
ムスメの 「絵本作家」という夢のほうが まだ 現実味あるかな?
ないない。(自爆)

投稿: みみびる | 2010年4月23日 (金) 15時13分

★かえるさん★
そうだよね、嵐さんたち、一回り以上下だってことをすぐに忘れてしまうけど、現実は・・・・weep

ま、わが子の花婿候補として、応援するってことで(笑)。

うちのワンコ、お嬢さんのお名前と同じだなんて。あのお美しいハイスクーラーでしょ。つづりも同じかな?Leenaなんだけど、うち。

ときどき、ブログでも登場してくるので、乞うご期待!

★みみびるさん★
子どもの夢、応援してあげたいですね。
「女優」ってのは、一握りの人しか成功しないっていうのがどうしてもあるから、親としては、もう少し現実的な、手に職をつける方向で行ってもらいたい気がするんですけど。

宇宙飛行士、素敵な夢だと思います!
山崎さんたちの活躍が日々ニュースで取り上げられてますから、それを見ると憧れるんでしょうね、きっと。

今のうちに、英語、がんばっておきましょう。

女性の立場と自分の経験から言うと、世界中どこへ行っても、子どもが生まれても自分のスケジュールでできる仕事っていうのが、一番つぶしが利くなー、なんて思ったりします。絵本作家、いいんじゃないですかね?

投稿: ひかりん⇒かえるさん、みみびるさんへ | 2010年4月26日 (月) 00時15分

娘さんの作文素敵ですね。

それにカナダ生まれでちゃんと日本語を喋れて、書けるのはすごいですよ。私の周りの所謂「ハーフ(ダブル??)」お子様は日本にいたって日本語わからーんってレベルですからね。

将来の自分に書く手紙っていいですよね。
それが30になっても、40になってもやるに値することだと思います。

ん、でもそれだと私次は50の私へ か…
生きてんのかって次元のお話ですな think

投稿: 寅次郎 | 2010年4月28日 (水) 05時21分

★寅次郎さん★
お褒めの言葉ありがとうございます。

ついつい間違い探し、みたいにして読んでしまって・・・。だめですね。もっとほめてあげなくちゃ。

それにしても、この作文を読んで初めて、自分の娘が「女優志望」ってことを知ったことが一番ショッキングな出来事でした(苦笑)。

そんな大それたこと~!!みたいな。
ステージママ、目指さなきゃいけないの?私bleah??

ま、その夢を実現させるためには、まずにきびをどうにかしないとねー、って言って、傷つきやすい乙女心をまたぶち壊してしまったようです(coldsweats02反省・・・)。

自分の誕生日とかに、来年の自分に向けて何か書いておくのもいいですね。毎年じゃなくても5年毎とか。

投稿: ひかりん⇒寅次郎さんへ | 2010年4月29日 (木) 13時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69859/34360832

この記事へのトラックバック一覧です: 20才の私へ:

« シャララ~♪(その2) | トップページ | サイエンス・ジャム »