« かに祭り | トップページ | See you in Sochi »

特製フレンチトーストby姫2号

Dscn9052a

Dscn9053

ひたすら練習を続けた結果、卵を自分でうまく割ることができるようになった姫2号。この1週間ほど、毎朝、自分でフレンチトーストを作ってます。

材料の準備から、作る手順(って言ってもたいしたことないけどね;笑)、食べるのに必要なお皿やフォーク、ナイフ、メープルシロップの準備まで、全部。

焼くときだけは、私が手伝うけど、それ以外はひとりでできるようになったね。


少しずつ少しずつ、お料理の腕を磨いて、母をラクにしてください(・・・これが狙いだったりして!?)。

|
|

« かに祭り | トップページ | See you in Sochi »

「姫語録」カテゴリの記事

コメント

ひかりんさん、こんばんは。
最後に本音がポロッと~
でも料理に興味をもってくれるのは
お母さんとしては嬉しいでしょうね。
そうそう
長崎スポーツセンターですが、
ボウリングとかゴルフの打ちっぱなしは大丈夫のようです。
リンクの跡地には25メートルプールやトレーニングジムなどが入る
複合スポーツ施設を建設予定だそうですよ。
長崎には数少ないスポーツ施設ですから、
これからも残して欲しいですね。

投稿: みゃ~ | 2010年4月 7日 (水) 03時52分

★みゃ~さん★
男の子、女の子、関係なく一通りの家事はきちんとできるようになっておかないと、あとで自分が困ると思うので、今のうちから少しずつ、です。

うちの旦那は、母親と折り合いが悪かったせいか、とにかく料理がまったくできないんです。あまり食にこだわりがないせいもありますけども。(食べるのにかかる時間よりも長い時間をかけて料理するのは、ばかげているという考えの持ち主です。)私がいないときとか、体調崩したりしたら、もうほんと大変です。夏に長期で里帰りしてるときとか、何を食べて生き延びているのやら?(笑)

そんなのを肌で感じているせいか、姫たち、特に下の子はうるさいくらい「なんかてつだおーかぁ?」「今日は、なんばつくるとぉ~?」ってまとまりついてきます。

せからしかねーって思うときもあるけど、「トレーニング」「修業」だと自分に言い聞かせて、一緒に材料切るとか、手順を説明するとかしながら、少しずつ自分でやらせてみたり。

自分や弟も、小さいころ母の手伝いをしながら、お風呂掃除とかご飯たきとか、洗濯物干しとか、いろいろできるようになっていったなーと思い出しつつ。

スポーツセンター自体はなくならないんですね。夏に、様子を見に行ってみなくっちゃ!小中学生のころって、冬になれば必ずスケートに行ってたのが懐かしいです。

投稿: ひかりん⇒みゃ~さんへ | 2010年4月 8日 (木) 10時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69859/34117103

この記事へのトラックバック一覧です: 特製フレンチトーストby姫2号:

« かに祭り | トップページ | See you in Sochi »