« サイエンス・ジャム | トップページ | アニメ切手 »

ピンクのTシャツ

4月14日は、カナダ全土で「いじめ防止デー」。

ピンクのシャツを着てきた男の子が学校で友達にからかわれて、いじめのターゲットになってしまったことがあり、そのときに「いじめはやめよう!」と立ち上がった同じ学校の子達が、皆でピンクのTシャツを一斉に学校に着ていった、っていうのが始まりだそう。(くわしくは、こちらこちらこちらの記事をどうぞ)

Dsc_0717姫たちの学校でもこの日は「ピンクの日」。男女を問わず、どこかにピンクのものを身に着けて行きました。コミュニティーセンターではオリジナルデザインのTシャツを作成、販売し、売り上げを地域の恵まれない家庭に寄付するプロジェクトとかも。とってもかわいいデザインだったので、姫たちの分を購入(1枚10ドル)。いろんな人種の子どもたちが手をつないで、皆でピースサインを形作ってる。




Dsc_0718

後ろには、いろんな国の言葉で「Stand Up!」。

いじめに向かって立ち向かう、立ち上がるというメッセージを込めてあります。



姫2気号はこのシャツがとても気に入ったようで、また次の日も着たいと言ってます。いいよね、年に一度だけが「いじめ防止デー」じゃないもんね。毎日、みんな仲良く楽しい学校生活を送ってほしいものです。


|
|

« サイエンス・ジャム | トップページ | アニメ切手 »

「カナダ情報」カテゴリの記事

コメント

こういうのを聞くと西洋の学校は本当にいいなーと思いますね。

日本の子供たちにもアメリカ、カナダのうわっつらだけコピーするんじゃなくて(例えば最近の風潮だとハロウィンの仮想パレードはじめたよ♪とか)ファンダメンタルなところで慈愛の精神をアダプトして欲しいですよね。

投稿: 寅次郎 | 2010年4月28日 (水) 05時26分

★寅次郎さん★
こちらの学校って、ファンドレージングが多くてびっくりします。何かにつけて、募金だ~、寄付だとあるので、全部に協力してたら、家計が大変。

お菓子やさんのマーケティングに使えそうなイベントごとだけ真似してるのは、よくないですよね。踊らされてるだけの感じで。

やはり、こちらは多民族国家、移民の国、というのがあるからか、受け皿が大きいというか、太っ腹というか。違って当然、みんなと同じにしなくていい、異常じゃなくて個性っていう捉え方をするような気がします。

カナダのいいところ、日本のいいところ、両方をうまくバランスとって、育ってくれるといいなと思います。

投稿: ひかりん⇒寅次郎さんへ | 2010年4月29日 (木) 13時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69859/34390501

この記事へのトラックバック一覧です: ピンクのTシャツ:

« サイエンス・ジャム | トップページ | アニメ切手 »