« 外食 with 姫1号 | トップページ | 初コーチ »

映画「GANTZ」:One Night Carnival(笑)

Gantz_movie_poster_53078107

いよいよ日本でも始まりましたね~!

TVの番宣やら、スペシャルやらで、いろいろニノが登場してくれるので、も~お祭り状態です。

実は、20日に全米で先行公開ということで、アラシックなお友達と一緒に、国境越えて「ガンツ観賞ツアー」に行ってきました。

最初は、「原作も知らないしナー」「帰りは夜中過ぎてしまうしナー」「翌日、朝イチで授業もあるしなー」って思って、行くつもりじゃなかったけど、上映はその日一回限り、しかもロスにニノと松ケンが来てて、その舞台挨拶とかを各会場でも見ることができる、と聞いたら、ウズウズと行きたい気持ちがわきあがりup・・・・・。

何をするにしても常にフットワークの軽いEさんをリーダーに(笑)、夕方4時集合で、はるばるお隣は、アメリカのワシントン州リンウッドという街にある映画館まで出かけた私たち5人。

Dscn9947国境では(入るときも出るときも)「え?わざわざ映画を見るために、国境越えてるの?」みたいな反応をされたけど、そんなの気にもせず。

そうそう、今回スムーズにボーダー(国境)を通過するために、前もって前日に1人で国境越えて、必要書類(I-94)をもらっておいてよかった~。(⇒これであと3ヶ月は、ササッとアメリカに行けるよ~ん♪)※

※注意:今回、私がボーダーを前もって越えておこうと思って国境まで行ったときのこと。よく買い物でアメリカに行き来してるEさんからのアドバイスで、入国理由を聞かれたときには「Some grocery shopping and filling up the gas」って答えた。

で、書類に記入するために中のオフィスに入って、別の係官のおっちゃんにも追加でいろいろ質問されるんだけど、そしたらそのおっちゃんたら、鋭いところをついてきた。「あれ?前にアメリカに来たのって、結構前だよね。なんで、急に今日はグロッサリーとガソリン入れるためだけにわざわざ?」って。

こんな状況で、嘘がつけないバカ正直な私coldsweats01。いや、ボーダーでは嘘つくもんじゃないけどもng

「To be honest, the main event for me is happening tomorrow. I will be coming back to the States tomorrow with my friends for shopping. Everybody else has I-94 already and I didn't want them to wait just for me getting this whole process done.(いや~実は、ほんとの目的は明日なんです。明日、友達と一緒に買い物とかでアメリカに入るんですけど、他の人は皆もうI-94を持ってるから、すぐボーダー越えられるのに、私だけなくって待たせるのは悪いなと思って)」って正直に答えたのです。

そしたら、怖そうな顔したおっちゃんが、ニコリと笑顔になって「ほほぉ~、それはナイスアイデアgood。友達思いだね」って、言って「じゃ、明日は楽しんでおいで。」と。さらには「今度、同じ理由でボーダー来たときには、その答えを最初のオフィサーにしたら、つき返されるかもしれないから、注意してね。今回、キミのした答え方はベストな順番だったよ」だって。褒められちった。

Dscn9959

Dscn9962

話はそれましたが、Eさんの手慣れた運転のおかげで、予定以上に時間があき、途中ではアウトレットモールにも寄ることができて、皆でわいわいきゃーきゃーショッピング&軽く腹ごしらえ。

Dscn9963約2時間のドライブ中は、嵐の話やら子どもの話やら、職場の話やらで、盛り上がりまくりました。原作のあらすじも、Jさんから教えてもらい、どうも「かなりエログロい」ということが判明。だいじょぶかなー、最後まで見れるかなーとちょっと不安になりつつ、劇場へ到着。

Dscn9964

いくら探してもポスターも何もない。あるのは、唯一入り口のこのサインのみ。「GANTZ 8:30」

中に入ってみたら、300席くらいあるところに、う~ん・・・・100人入ってたカナ・・・。

半分はアニメヲタの白人男性、半分は嵐ヲタのアジア人女性みたいな割合で。なんとも不思議な空間でございました。

Dscn9968

映画が始まるまでの間、時間つぶし的な映像で「これ知ってる?ガンツ豆知識」とかが流れていて。ガンツスーツが一着いくらとか、そういうのに混じって・・・

「Kazunari Ninomiya's J-Pop group "Arashi" topped Japan's music charts in 2009 with the three best selling singles of the year.」

とか

Dscn9967

「"Arashi" is the #1 selling artist in Japan for two years in a row.」

とかまで。

私たちは、こんな嵐ネタに反応するけど、アニメファンの男子だちは、「はぁ?そんなの関係ないし~」みたいなリアクションなのが、いとをかしbleah

で、いよいよ映画が始まるぞーってなったら、その前に、ニノと松ケンのロス会場到着シーンと自己紹介の様子とかが流れて、大興奮。

本編が始まる前には、日本映画の紹介的なクリップが流れたんだけど、そしたら、その中に「ハチクロ」もあってね。チラッと、ほんとにチラッとだけど、若かりしころの翔ちゃんが出てきて、思わず、「ひぇ~っ!」って声にならない声を上げてしまった私なのでした。happy02

確かに、前半はグロいシーンもあり。薄目を開けて、指の間から見たくなるところも。でも、そんなところにアメリカの方々は異様に大きな反応を示すんですねー、なぜか。私としては「え~!そこ、笑うとこじゃなかけど!!??」っていうくらい、かなりエグいとこでも、「Yeah!」って拍手してみたり。感覚が違うわ。

田中星人のロボット的な動きには、はっきり言って笑わされましたけども。あと、ネギ星人ジュニア、逃げ足速すぎだし。

あと、ガンツ球から指令が出るときに流れるラジオ体操の歌には、ついつい体が動きそうになってみたり(笑)。(Eさんは、大きな声で歌ってしまい、アニメヲタさんが思わず振り返って確認してましたし:爆)

指令の文字がひっくり返ってたり、ひらがな間違ってたりするとこには、イチイチ声に出してツッコミ入れてしまったり。

グロいシーンが続いたときには、隣のJさんと一緒に「お願いだから、早くニノ、出てきて~!」って懇願してみたり。

ニノがアップになると、肌のきめ細かさを確認したり、爪のささくれにホッとしたり(大チャンの爪はきれいだよなーとか思い出したり)、日本語ではどんな風にどんなトーンでセリフを言ってるんだろうか、とリップリーディングに集中してみたり(そう、今回は英語吹き替え版での上映だったのです。残念。せめて、字幕にしてほしかった)。

まぁ、そんなこんなで2時間たっぷり楽しみました。思ったより、お話の内容も、ただのSF映画じゃなくて、ホロリとさせる場面もあって、面白かったです。

何といっても、映画が終わりに近づいてきて、え!?これで終わるの?ってなったとき、画面に「To be continued...」って出た瞬間、アメリカ人の皆さんが「WHAT the.......!!??」「You must be KIDDING!!!」「Nooooo!!!」って次々に頭を抱えてらっしゃったのが、おかしくておかしくて。2部作って知らなかったの?みたいな。

でも、あの反応だったってことは、パート2も彼らはゼッタイ見に行くね。ってことは、私もまた国境越えるか?4月に?いや、そのときは、バンクーバーでも上映していただきたい。

映画のあとのインタビューも、ウケまくりでした。なんたって、松ケンのトランスレーターが、ごつい顔してお茶目なこと!かなりツボでした。↓あとね、松ケンの青森訛りが、素朴でほっこりあったかくて、ものすごく気に入ってしまいました。

会場ではシアトル近郊にお住まいの嵐ファンの皆さんともお友達になり、あったかくなったら、バンクーバーとの中間地点あたりで、嵐会やろうねっていう約束もして、帰路につきました。

家に着いたら夜中の2時過ぎmist

往復ともに悪天候の中運転してくれたEさん、ほんとにお疲れ様でした。お買い物ツアーの案内までしてくれて、助かりました。また遊ぼうね~!!

|
|

« 外食 with 姫1号 | トップページ | 初コーチ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ほんとにみなさん、お疲れさんやったね~。
何せ、週の真ん中しかも夜おまけに雨と言う状況の中
よ~行って楽しんで来れました。
今回の企画、運転、場所や映画のご案内とみなさんに感謝どす~。

また、よろしゅうに。

投稿: かえる | 2011年1月30日 (日) 12時55分

はじめまして。
トロントのえれんと申します。
日本での『GANTZ祭り』も宴がたけなわですが
いったいいつになったらトロントで見れるのか
検索していたらここにたどり着きましたhappy01

結局、canadaでの公開の詳細はわからずじまいでしたが
同じshine嵐ファンshineという勝手な親近感で
時々こちらにもお邪魔させていただくかと思います。
その節はどうぞよろしくお願いしますheart02

投稿: えれん | 2011年2月 8日 (火) 10時31分

☆かえるさん☆
ほんとにお疲れさんどした。
次は4月だね(笑)。
嵐さんたちのおかげで、いろんな経験させてもらってるよ。
元気が出るね。

コーチのバッグ、活躍してるよ。
姫1号に狙われてるけど、今のところ大丈夫(笑)。

「アイバーテンダー」見てる??
カクテル飲みたくなるねー。

☆えれんさん☆
ブログ訪問&コメント、ありがとうございます。
全世界に広がる嵐ファンの輪、すごいですよね。親近感が沸く気持ち、わかります~。担当が同じだとなおさら。

嵐ネタ、時々登場しますので、また遊びに来て下さい。
去年の今頃は、翔ちゃんネタでかなり盛り上がってますので、過去ログもどうぞご覧下さい。

投稿: ひかりん⇒かえるさん、えれんさんへ | 2011年2月12日 (土) 08時07分

こんにちは、バンクーバーに住んでいるAsa*と申します。

二宮君の演技が好きで、GANTZがカナダで見られないかなと検索しているうちに辿りつきました!

ちなみに嵐については初心者で、ハマらないと思ってたのに、
去年友達のDVDを借りたらハマってしまいました…。

こっちにいるとなかなか嵐の良さを力説しても分かってくれる人が少ないので、バンクーバーに嵐ファンの方がいると知っただけでもかなり感動し、コメントを書いてしまいましたっ(o^-^o)

これからもちょくちょく遊びにきたいと思います。
よろしくお願いします。

投稿: Asa* | 2011年2月14日 (月) 22時02分

☆Asa*さん☆
初めまして!
バンクーバーには嵐ファン、結構いますよー。

アラシックな皆さんと、アラカラやったり、嵐会やったり、楽しいです。今度何かあるとき、お声をかけましょうか?1人でDVD見るのもいいけど、嵐ファンで揃ってきゃーきゃー言いながら見ると、盛り上がりますよ!

GANTZ2がまた上映されることになったら、ご一緒します??

投稿: ひかりん⇒Asa*さんへ | 2011年2月27日 (日) 01時38分

>ひかりんさん
ご家族、ご友人はご無事でしょうか。
私も親族の安否は確認できたものの、ニュースを見て胸が苦しくて仕方ありません。
少しでも多くの命が助かるよう、ただただ祈るばかりです。

ぜひぜひ、今度ご一緒したいです。有難いです!
何だか最近のニノ、やたらとかっこいいので、
私一人でよくTVとかDVD見ながらキャー(>ω<)ゞって言ってます。
ツイッターもフォローさせて頂きました。
よろしくお願い致します。

話は変わりますが、地震発生から、本当にため息しかでなかったのですが、
ひかりんさんのtwitterのRichmondの桜を見てなぜか「前に進まなきゃ」と思えました。
感謝感謝です。

投稿: Asa* | 2011年3月13日 (日) 10時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69859/38669765

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「GANTZ」:One Night Carnival(笑):

« 外食 with 姫1号 | トップページ | 初コーチ »