育児

うれしかったこと 3つ

無事にハロウィーンが終わり、11月に。
この週末で、夏時間も終わって、いよいよ冬支度に突入という雰囲気です。

今週は、なんだかいつもにも増してあわただしく、疲れだけがたまっていくような気がするけれど、昨日(ハロウィーン)は、いくつかうれしいことがあって、それを思い出しながら、頑張り続けてるところ。

(1)姫2号のクラスに「指型」ソーセージを差し入れしたとき、クラスの子達が、わーっと寄ってきて「わー、すご~い!」「おもしろ~い!」と歓喜の声。そして、その中で男の子が姫2号に向かって「WOW! You got the coolest Mom in the world! Lucky you!うわ~、君のママって最高だね。いいなー」と言ってるのが聞こえた。

将来、もし、この男の子が姫のことをデートに誘いにきたら、喜んで迎えてあげようと心に決めました(笑)。それくらい嬉しかった。


(2)夜、お菓子をもらいにきた子どもたちの中で、何人も「あ!いつも学校で会うよね♪」とか「ホットランチのお母さんだ!」「あ~!ここに住んでるんだね~。もう分かっちゃった♪」と、私の顔を見て、うれしそうにニッコリしてくれた。

付き添ってる保護者の人たちが、子どもに「あら?知ってる人?」と尋ねると、「うん、いつも学校でお手伝いしてくれてるの」と説明してた。

近所の子が皆わが子のような気がして、かわいくて仕方がなくなった夜でした。知らないおばちゃんからキャンディもらうより、いつも学校にいる○○ちゃんのお母さん、って思ってくれてるのは、子どもたちも安心だろうし、私もなんかうれしい。


(3)ハロウィーンの花火も終わり、夜中にほっとしていると、フェイスブックでメッセージが。姫1号と同級生の子のお母さんで、いつもものすごくデコレーションに凝ってて、たくさんの子どもたちが毎年それを楽しみにしている家の人。

「今日は300人近く子どもたちが来て、中にはすごく失礼で、お菓子なんかあげないわって思うくらいのティーンエージャーがいて、嫌な気分になったの。でも、その中であなたの娘さんは、とってもお行儀がよくて、感心したわ。素敵なレディに成長しているのは、あなたのこれまでの教育の成果ね。拍手を送ります。育児は大変だけど、これからもお互い頑張りましょうね」って。

普段、どんなに頑張っていても、その成果はすぐに形として目に見えなかったり、誰も褒めたり感謝してはくれなかったりして、ため息つきたくなることもあるけど、たまにこうやって自分以外にわが子の成長をちゃんと見てくれている人がいて、こうして言葉にしてもらえると、ほんとにうれしいし、ありがたい。


育児は長い道のりで終わりがない気がするけれど、だからこそやりがいがあることなのかもしれないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

怒ると叱る

「自分のために『怒る』、人のために『叱る』」(参考記事はこちら

会社でも、学校でも、育児でも。
同じだね。
相手の成長を願って、言葉を選んで。

家で姫たちに注意するときに、あんまりアツくなりそうなときは、自分のイライラのはけ口にしてないかな、と一旦ふーっと息を吐いて、目をつぶるか別の部屋 に行ったりするけど、そのときによっては、「言い過ぎたな~。あれは言わなくてもいいことだったんじゃ?」とか「もっと他の言い方があったかもなー」と反 省することも多い。

難しいねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

スランプ

残念ながら、姫1号のスランプが続いてる。
今までが好調すぎただけで、これが彼女の実力なのか・・・。
いや、親の私がそがんこと思うたらいかん、いかん、と自分を叱る

自分の学生時代を思い出す。
ずーーーーーっととにかく必死に頑張り続けた。
休むことなく勉強してた。
部活動もせず、帰宅部で、塾やら習い事やらで明け暮れた。
唯一、生徒会の役員室が溜まり場だった(苦笑)。

長崎に今年の夏帰ったとき、酔っ払った同級生が、うちの姫たちに「お母さんはなー、頭良かったけん成績のよかったとじゃなかとぞ。お母さんは、頑張りやさんやったけんが、よか点とれよったと。そう、がんばりやさんさ、お母さんは。」と何度も何度も繰り返し語っていたのを聞いて、じーんと来たな、そう言えば。

「こがん点数、今まで取ったことなかとに(涙)。大学に出す書類には、10年生までの成績じゃなくて、今年と来年のやつがいくとに、こがんことじゃ、どがんもならん・・・」とがっくり落ち込む姫に、「終わったことはもうしょうがなかさ、次、もっと頑張ろう」としか言えない自分が歯がゆい。もう十分頑張っている姫に、もっと頑張ろうって言えない。

大学のとき、5年から6年(臨床実習)に上がれなかった。
いわゆる留年ってやつ。
あのときの落ち込みはハンパなかった。
「ひかりんみたいに優秀だと、挫折とか味わったことなかよねー」って言われることがあるけど、あれは人生初で最大の挫折だった。皆の「えー!あの○○さんが!?!?」っていう目が痛かった。母に励まされ、気を取り直して、半年休学して、料理学校に通ったり家事手伝いをした。あのとき、母は私にどんな言葉をかけてくれたっけ?

明日からの3連休で、ここんとこの悪循環を断ち切って、すっきりさっぱり気持ちを切り替えて、また頑張れますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

パーティー企画

まだ10月半ばだけど、2カ月先の姫1号の誕生日プレゼントとかパーティー企画開始。1歳のときは、自宅で家族3人でこじんまりとお祝いしたんだけど、2歳の時からは、お友達を呼んで毎年毎年、あれこれ頭をひねってパーティー企画して、だんだんネタも尽きてきた。

インドア・プレイセンター、ジムナスティック、陶芸、スパでネール、スーパーモデル(メーク・ヘア・フォトセッション)、水泳、ロッククライミング、生チョコ作りワークショップ、映画デー、SPCA(動物愛護センター)での寄付集め、などなど。

16歳になる姫1号。俗にいう「スイート・シックスティーン」ってやつだから、今年はもうネタ尽きたからやーめたって訳にもいかないんだよなー。本人もちょっと期待してるっぽいし(笑)。

毎回ハロウィーンやらサンクスギビングにクリスマスって、何だかんだと今からイベント系立て続けだから、12月の誕生日、すぐ来てしまう。パーティーシーズンだから、いろいろ予約するのもすぐいっぱいになるから、大変。さて、どうしようか。とりあえず、プレゼントは確保したのさ~♪ふふふ。泣いて喜ぶはずww

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

似たもの同士

姫1号と私は似てる。
外見だけじゃなくて性格も、そして体調とかやることとかまで。
最近、睡眠不足で二人ともそろってお疲れ気味なんだよねー、って思ってたら、テストが戻ってきてからの反応までまったく同じ。

去年までと違って一気にペースが上がったり、内容が難しくなってしまい、予習・復習・宿題・プレゼン準備などなどでアップアップしてる姫。私も、そこまではいかないけれど、やっぱり勉強時間が十分じゃなくて、初回のユニットテストで思うように点数が取れなかった。決して悪い点ではないけれど、今までのように手放しで喜べる点でなくて、がっくり。二人そろって、「はぁ~」ってため息

二人そろってテストの見直しをして、「次、もっとがんばるしかないね」と、気を取り直して励ましあってます。上から目線で「もっと勉強しなさい」ではなくて「一緒にがんばろうで」だと、素直に聞き入れてくれるようです。

毎晩、交代でソファ落ちしては、お互いに起こして「ねえねえ、宿題全部終わったと?もう3時ばい。今からやったらあと3時間はできるよ」「お母さん、記事、書き終わったと?もうすぐ12時ばい」って感じです。次回は二人そろって100点目指そう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

折り紙のレパートリー

久しぶりにちゃんとしたブログ記事memoを書こうかなpencil

ツイッターからのつぶやき転送だけだと、コメントがさっぱり入らなくなってしまったしcoldsweats01

姫2号(2年生)のクラスに、毎週金曜日、朝からお手伝いに行ってます。子どもたちが週に1回、5冊ずつ、それぞれの読書レベルに合わせたセットを持って帰る「Home Readingbook」というシステムがあって、その本の交換作業です。

続きを読む "折り紙のレパートリー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

きみのママより♪

ぼろぼろ涙が止まりませんcrying

姫たちのことを考えても泣けweep、自分の母親のことを考えても泣ける。

「いつでも頼って ここにいるよ」

「ありがとう 生まれてきてくれて」

「世界で1人の 君のママだから」

「どんなときも 君を守るから」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

イライラ

姫1号が、このところトゲトゲしてる。

いつも眉間に皺を寄せてたり、なんだかイライラしてて、扱いにくいっていうか、言葉かけに困ってしまう。

姫2号に対しても、そんなにキレなくてもいいじゃない?ってところで、過剰反応してたり。先生たちの注意を素直に聞き入れなかったり。今までの姫では考えられなかったこと。

旦那っちがさすがにたまりかねて、「You should change your attitude!! That is not acceptable here!!!!」って、ドカンbombと雷を落としたthunderら、号泣しながらcrying寝てしまったよ。朝から目が腫れるな、こりゃ。

ティーンエイジャー、どんどん近づいてきますshock

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

無添加リップバーム

バンクーバー郊外のママさんたちが「クローバーの会」という集まりを開いている。

子どもたちが安心して暮らせる未来を作るために、自分たちに出来ること、平和について、環境について、教育について、食生活について、いろんなことを小さなことからやっていこうという趣旨のものです。(リンクを貼っているので、詳しい活動内容はそちらをどうぞ)。

そこで積極的に活動しているママさんの話によると、日焼け止め、リップクリームが危ないのよ!」と言うので、いろいろググったりしてみたところ、かなりの割合で体内に入ってしまうリップクリームは特に成分として何が入っているか、チェックしないと、発がん性物質とかを含んでいるものが多くて怖いみたい。

どうしても自然派食品とか、オーガニック製品は割高だなーと思って、ついつい安い方に手が伸びてしまうのが、私の正直なとこ。健康に関わることでしょ、お金よりも大切でしょ!ってコメントが聞こえてきそうだけど・・・・coldsweats01

全部すぐに切り替えるのは難しいけど、ちょっとずつなら、ということで。

ホームメイドの添加物なしで食べても安全なリップバームをお願いしてみました。1本2ドルで、売り上げの一部はミンダナオに住んでいるエリザベスちゃんを里親支援する「エリザベス基金」に寄付されるそうです。

とっても使い心地がいいです。いい香りで、ついつい舐めてしまいそうになる(笑)。KLTママ、教えてくれてありがとう。Hannaさん、配達ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

姫2号の目

眼科に行ってきました。

2年ほど前に、平均的な3歳児の視力に比べて、遠視の傾向が強いと言われていた姫。その時点では、経過観察をしましょうということで、また1年後にでも予約を取って来て下さいねって言われていて、気が付けば、1年10ヶ月経っていた・・・・。

金曜日に学校での健診で「要再チェック」というお手紙を持って帰ってきたので、すぐに予約を取ったのだけど。

ちょっとショックな結果が出てしまいました。

診断名は専門用語で「Amblyopia」、簡単に言うと「Lazy Eye」。

日本語で何だろう、と帰ってきてからネットで調べたところ、「弱視」だと書いてある。

え~!!!???

学校でも家でも、普通にお絵かきしたり、TV見たり、お人形で遊んだり、公園で遊んだり、リーナを追いかけて遊んだりしてるんだよ。なのに、見えてないの??

ドクターの説明によると。

「乳幼児の時期は、遠視の状態にあって、そこから日常生活の中で、いろいろな状況でものをみていくうちに、目が鍛えられて視力が上がっていく。その過程で、片方の目は順調に視力が上がって行ったけれど、もう片方が何らかの原因で視力が上がらず、よく見えるほうの目に自然と頼るようになったため、両方の目では日常生活に支障がない視力だけれども、片方があまり見えないままになってしまっている」

いわゆる、片方の目が「Lazy=怠け者」というわけだ。

姫2号の場合、左目はよく見えているけれど、右目の視力がそれに比べて極端に悪かった。

でも、すぐに眼鏡で矯正するのではないらしい。

視力というのは、2~6歳ごろまでに一番発達して、8歳ごろになると落ち着くそうだ。だから、今のうちに視力訓練をしたら、まだ回復する可能性は十分あるそう。

ということで、これから毎日、よい方の目を隠して(アイパッチなどで)、悪い方の目を強制的に頑張らせるということを1日30分~1時間、することになりました。

姫には、「Pirate(海賊)ごっこして遊ぼうね」って言ってあります。

片目だけにして、手と目を使うアクティビティー(塗り絵やお絵かき、パズルなど)をすると、悪い方の目が、一生懸命働いて、ドンドン視力UPとなれば大成功。

3カ月後にその進歩の度合いをチェックしてもらって、その結果で今後どういう治療を進めていくか決めることになりました。

思わず、すぐに日本の母と弟にメールしてしまった。

そしたら、やっぱりすぐに返事が来た。母からは「日本からも応援してるからね」メール。弟は、携帯電話から昼休みに国際電話をかけてきてくれた。しかも、ネットでいろいろ情報を調べてくれていて。嬉しかった。

ありがとう。遠いけど、近いね。気持ち、つながってるね。

がんばる。

| | コメント (11) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧